注目の商品・サービス・キャンペーン

米粉ニュース
近年注目されてきた米粉は、小麦粉の価格上昇になども影響し、2024年に入っても注目度は上昇中。 日本にとって食糧自給率アップにもつながる食品として農林水産省の対策事業もPRされている。 また、2023年は食や料理関連のアワードで米粉やライスペーパーがいくつもランクインし、市販商品数の増加から市場の拡大も期待されている。

ビール関連の企画に携わるマーケッターやプロモーションプランナー向けに、ビールの新商品情報やキャンペーン情報をピックアップ。

プラントベースフード(plant based food)とは、動物性原材料を使わず植物由来の原材料を使用した食品のこと。 特に大豆などを使用した代替肉は、プラントベースミート、大豆ミートなどとも呼ばれ、近年特に認知・注目が拡大。世界的に大きく拡大している市場で、日本でもスーパーなどでも購入できる商品が増えてきた。...

近年ますます伸長を続けるメンズコスメ市場。 ここでは、マーケッターやプロモーションプランナー向けに、注目のブランドの動向や新商品、消費者調査、プロモーションの事例などをピックアップする。

近年拡大を続けるノンアルコール市場。ノンアルコールはお酒を飲めない状況での代替品としてだけでなく、積極的に選択されるものになっているのが近年の特徴。 ここでは、ノンアルコール&微アルコール商品および市場に関するニュースをピックアップする。

花王は、業績回復に向けた構造改革の一環で、約30ある化粧品ブランドのうち10ブランドを統廃合や廃止の対象としている。 ・「AUBE(オーブ)」は2024年8月をめどに販売終了(同年3月から順次生産終了) ・傘下のカネボウ化粧品が手掛ける「コフレドール」は2024年12月をめどに販売終了(同年6月から順次生産終了)

マンガやドラマなどの影響から始まった「第三次サウナブーム」。アウトドアブームとも相まって、コロナ禍でも楽しめる身近なレジャー施設として再注目され、2021年には「ととのう」という言葉が「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネート。 その後もブームは続き、サウナのアワードやイベント、特集書籍などが数多く登場している。...

日本郵便が紙のはがき年賀状に代わるあらたな年賀状として、2021年からスタートしている年賀状サービス「スマートねんが」。 年賀状の購入から作成、送信までのすべてがメッセージアプリ「LINE」上で完結。 価格のプラン(¥320~)を選択すれば何通でも遅れる。 ▶スマートねんが

クラフトコーラのニュース
クラフトコーラというジャンルが登場したのは2018年頃とされています。 その後、ご当地商品やサスティナブルテーマに沿った商品などこだわりを活かしたコーラが多数登場しましたが、今では大手メーカーからも「クラフト」の名を冠する商品が発売されるまでになりました。...

クリスマスまでの日にちを数えるように小窓を開けると、毎日1つずつプレゼントが入っている「アドベントカレンダー」。 近年のクリスマスプロモーションとして、アドベントカレンダー型の限定商品がトレンドの一つとなっています。 商品ジャンルとして一番多いのは、コスメ、菓子(チョコ)ですが、そのほかにに雑貨やワインなども展開されています。...

さらに表示する