《ビアニュース 2024.1》ビールのプロモーション事例

ビール関連の企画に携わるマーケッターやプロモーションプランナー向けに、ビールの新商品情報やキャンペーン情報をピックアップ。マーケティング企画の施策アイデアのヒントとしても、ご活用下さい。



ビール類の最新ニュース


「スーパードライ」の体験型コンセプトショップ 2024年4月オープン

「スーパードライ」の世界観に没入できる初の体験型コンセプトショップやスタイリッシュな新容器を採用した『アサヒスーパードライ スマート缶』を展開

コンセプトショップは“「スーパードライ」の世界に没入する。”をテーマに、東京・銀座で2024年4月下旬から9月30日まで展開。

最高の状態で提供される「スーパードライ」や、アサヒビール「ミュージアム」の人気コンテンツである「スーパードライ ゴーライド」が楽しめる。ブランドの世界観と合うコンテンツとコラボレーションしたエリアの展開や、限定商品の発売なども予定。

 『アサヒスーパードライ スマート缶』は、若年層でも手に取りやすいスタイリッシュな缶容器を採用し、2024年2月27日から数量限定で発売。


2023年10月1日より酒税改正

ビール系飲料などの税率が2023年10月1日より変更されました。

すでに生産者価格の変更が各メーカーから発表されており、今後小売価格も含めて、「ビール」は値下げとなり「第3のビール」は値上げとなることが見込まれています。

酒税は、段階的に税率が変更され、2026年にはすべてのビール系飲料の税率が統一されます。



アサヒビールのプロモーション(ニュースと事例)


アサヒビール「日本のみなさん、おつかれ生です。プロジェクト」

“マルエフ”の愛称で人気の『アサヒ生ビール』の体験を目的とした「日本のみなさん、おつかれ生です。プロジェクト」が2023年11月13日からスタート。

 “ビールがつくる、やさしいつながり。”をテーマにブランドの世界観を訴求する移動式のイベントカー「マルエフカー」が全国巡回する「出張マルエフ横丁」や期間限定イベント「マルエフ横丁」などを通じて、1,000万人のブランド体験の機会を創出する。

 

「マルエフカー」が全国各地に訪れて開催する「出張マルエフ横丁」では、ビールの注ぎ方によって変わる味わいの楽しみ方などを紹介。Tシャツやグラスなどのオリジナルグッズも販売する。12月に九州エリアから出発し、周遊中に「マルエフカー」に来てほしい場所を募集するX(旧Twitter)投稿キャンペーンも実施。

同じくブランドの世界観を体験できる「アサヒ生ビール マルエフ横丁」を、阪急大阪梅田駅1階中央WEST広場(2023/11/14~19)と天神地下街イベントスペース(2023/11/21~26)で開催。

 

アサヒ生ビールについて

アサヒ生ビールは“まろやかなうまみのある”味わいが特長のビール。1986年(昭和61年)に発売し、翌年の「スーパードライ」のヒットの足掛かりとなった。その後、当時の生産体制を「スーパードライ」に集中するために、1993年に缶と瓶は終売となったものの、その味わいは飲食店から愛され続け、樽生のみ継続して販売。中味は発売当時そのままに、パッケージを大きく変えて2021年9月から缶350mlと缶500mlを発売し。2022年2月からは“復活の黒生”として『アサヒ生ビール黒生』を発売し、『アサヒ生ビール』と統一したロゴ展開や“ぬくもりのある世界観”を演出している。2023年からは中瓶500ml、缶250ml、大瓶633mlを発売し、業務用と家庭用で連動して飲用機会の創出を図っている。

 

『アサヒスーパードライ ドライクリスタル』発売から約1週間で100万箱を突破

アルコール分3.5%の『アサヒスーパードライ ドライクリスタル』は、20231011日の発売から約1週間で100万箱※を突破。

引き続きTVCM展開やSNSなどデジタルを活用した販促・広告活動など展開し、年間販売目標150万箱の達成を目指す。

■好調の理由

アサヒビールによると、好調の要因は以下のようなものとされている。

・透明感のある味わいと本格的な飲みごたえが特長で「スッキリしていておいしい」「料理に合う」など好評。

・アルコール分3.5%という特長に対し「スポーツ観戦しながら飲みやすい」「翌日予定があるときにちょうどいい」。

■今後の展開

・「ビールとの新しい付き合い方、はじまる。」をメッセージに、年内約8,000GRPTVCM放映。2023年10月下旬からは俳優の吉沢亮氏を起用。

・Xにて、「スーパードライ ドライクリスタル(缶350ml×6本)」が200名に当たるフォロー&リポストキャンペーン

 

アサヒ復活ビール総選挙

アサヒビールが2022年から運営している新商品のテスト販売サイト「ASAHI Happy Project」内で1991~2018年の期間に発売した商品から選抜した20商品の中から復活してほしい商品を投票形式で受け付ける「復活ビール総選挙」が開催される。

投票数の多かった上位商品を本年秋~冬頃から順次「ASAHI Happy Project」上で発表。

当時の処方を元に、現代の技術・原料で再現し、今秋ころから発売予定。

アサヒビールが過去の商品を消費者投票によって復刻発売するのは、今回が初めてで、過去に発売した商品から、現在の顧客ニーズを読み取り、商品開発に役立てる。

2023年5月26日(金)〜2023年6月15日(木)。 7月上旬頃に投票結果を発表。

ASAHI HappyProjectサイト

 

アサヒビールが「日本マーケティング大賞」のグランプリ受賞

2022年6月に発表された日本マーケティグ大賞にて、アサヒビールの『スーパードライ イノベーティブマーケティング〜Withコロナ時代の新しいビール飲用価値〜』がグランプリを受賞。

コロナ禍での家飲み需要拡大を見据えて、いち早くオンライン飲み会ト「ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」や『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』など、独自性のある商品開発や新たなブランド体験の場を提供したことが評価された。

 


ビールの年間販促施策
ビールの販促カレンダー(PDF版)

以前の各社のニュースはこちらから。


キリンビールのプロモーション(ニュースと事例)


キリンビール2024年の事業方針

(1)強固なブランド体系の確立

・「一番搾り」ブランドは、多様なラインアップでさまざまなおいしさと楽しみ方を提案。

・キリンビールとして17年ぶりにスタンダードビールの新ブランドを上市。

(2)新価値を提供する事業・ブランドの着実な成長

・クラフトビール事業では、「SPRING VALLEY(スプリングバレー)」ブランドおよび直営店「スプリングバレーブルワリー東京」をリニューアル。また志を同じくする全国のクラフトブルワリーと共同し、引き続き取り組みを強化。

 


“クラフトビール体験型イベント”「HELLO CRAFT BEER WORLD

クラフトビール文化の浸透をさらに加速させるため、国内のクラフトブルワリーと共同で、新しいビールのおいしさ、楽しみ方に出会える“クラフトビール体験型イベント”「HELLO CRAFT BEER WORLD」を開催。

店舗用ディスペンサー「タップ・マルシェ」で提携している国内13のブルワリーとともに、全24種の多様なクラフトビールを提供。

ビール類の飲用者の約7割はクラフトビールノンユーザーとされていることから、クラフトビールの飲用体験の機会を創出していき、クラフトビールの魅力をより一層訴求することが目的。          

日時    202362()4()  11:0021:00
場所    六本木ヒルズ ヒルズアリーナ

参加費   12,000円(税込)当日チケット制
イベント内容   

・多様なテーマごとに楽しめる「ビアフライト体験」(飲み比べが出来るティスティングセット)
・クラフトビールと料理を合わせて楽しむ「フードペアリング」体験
・クラフトビールに関する多様な展示物

 




サントリーのプロモーション(ニュースと事例)


サントリー(ビール)2024年の事業方針

▼ザ・プレミアム・モルツ

“自分へのごほうびとして一番嬉しいビール”になるべく、ブランド全体でプレミアムブランドとしての価値を提案していく。販売数量は、対前年102%を目指す。

▼サントリー生ビール

中味・パッケージを刷新。

現在のビール2工場からビール4工場すべてでの製造に切り替え、販売数量は対前年150%を目指す。

▼パーフェクトサントリービール

業務用・家庭用の連携を強化し、食事との相性の良さを伝え、販売数量は対前年117%を目指す。

▼金麦

引き続き“四季の金麦”を展開するとともに、季節の旬の食材・食事との相性訴求を強化。年間を通じたマーケティング活動を展開し、販売数量は対前年96%を計画。

 

 

サントリー「日本全国を巡る!47都道府県 地元ビアボール祭り」

サントリーは発売する47都道府県の「地元ビアボール」を提供するイベント、「日本全国を巡る!47都道府県 地元ビアボール祭り」が、2023年7月6日(木)より全国で巡回開催。

ビアボールは、好きな濃さに炭酸水で割って楽しむビール。

今回は、全国各地の特産品に関係する素材などを使用したオリジナルの「地元ビアボール」を開発し、各会場でエリアならではの「地元ビアボール」を提供する。7月6日(木)から始まる東京会場では、全47都道府県の「地元ビアボール」がたのしめる。

各地の開催日程などは「地元ビアボール」HPから

 

「サントリー生ビール」新発売プロモーション

2023年4月4日に新発売する「サントリー生ビール」のプロモーション活動を2023年3月28日から順次実施。

複数のプロモーションコンテンツにより、のべ150万人との接点創出を目指す。

(1)東海道新幹線駅ホームでのポップアップショップ

2023年3月29日(水)~5月7日(日)

ジェイアール東海パッセンジャーズとのコラボにより、東京駅・名古屋駅・新大阪駅の新幹線ホームでポップアップショップを展開。「サントリー生ビール」と同商品に合うおつまみを販売。

(2)東京・大阪でのポップアップショップ

3月29日~4月2日:六本木ヒルズ大屋根プラザ

3月28日~4月4日:阪急大阪梅田駅構内1階中央WEST広場

TVCMの世界観を表現したスペースで「サントリー生ビール」を先行販売。会場で飲用体験の感想をSNS投稿してもらうキャンペーンも実施。

(3)コンサートホール「Zepp」での取り扱い

2023年4月4日からコンサートホール「Zepp」(全国8ホール)でサントリー生ビールを販売。

(4)全国100万本の大規模サンプリング

WEBやSNS、店頭などを通じて、発売時には全国100万本規模の“おいしさ体感”サンプリング。5月9日(火)から、上白石萌音さん、お笑い芸人「オズワルド」が登場するSNSキャンペーンも実施。

(5)アパレルブランド「SOPH(ソフ).」とのコラボ

第1弾は、サントリー生ビールのスタッフユニフォームを「SOPH.」がプロデュース。

今後はコラボノベルティの制作やキャンペーンの実施などを順次実施。

 



サッポロビールのプロモーション(ニュースと事例)


「サッポロ生ビール ナナマル」発売1週間で500万本突破

「サッポロ生ビール ナナマル」が、20231017日の発売から1週間で500万本(注:大瓶(633ml)換算)を突破。

■好調の理由

アサヒビールによると、好調の要因は以下のようなものとされている。

・コロナ禍でカラダへの負担意識が高まるオフ・ゼロ系市場において、おいしさと糖質・プリン体オフを両立した「生ビール」での新提案が広く受け入れられた

・「糖質・プリン体70%オフ」ながら、生ビールの飲みごたえに期待。

・宮川大輔さんと堀田真由さんが初共演するTVCMのコミュニケーション展開で商品のおいしさを伝えることによって、お客様の興味を喚起。

 

JR札幌駅改札内に「BEER STAND SORACHI」が期間限定オープン

サッポロビール(株)と、(株)ジェイアール東日本企画、JR北海道フレッシュキヨスク(株)との3社共同企画として、JR札幌駅構内に「サッポロ SORACHI 1984」の樽生ビールが飲めるコンセプトバー「BEER STAND SORACHI」が期間限定でオープン。期間は、202391日から2024年夏頃までを予定。

同店では、JR北海道フレッシュキヨスクが手掛けるプライベートブランド「DO3TABLE(ドーサンテーブル)」から、「SORACHI 1984」に合う道産素材にこだわったおつまみも用意。

また100%リサイクル可能なアルミカップで提供し、使用後は来店の記念として持ち帰ることができる。

 

サッポロ生ビール黒ラベル「丸くなるな、☆星になれ。『STAR POINT』」キャンペーン

第2弾が2023年9月1日からスタート。 オリジナルグッズコースの賞品は、2023年に発売46年目を迎えたサッポロ生ビール黒ラベルにちなんだ「46種から選べるビヤグラス」。

■キャンペーン内容

缶商品に貼付している専用応募シール、もしくはキャンペーン対象店で提示される自立型POPから、各コースの応募に必要なポイントを集めて応募。

■賞品

オリジナルグッズコース (2):46種から選べるオリジナルビヤグラス

デジタルギフトコース:アンケートへの回答で必ずもらえる「選べるデジタルギフト」

 


「HOPPIN' GARAGE」ポップアップストア

HOPPIN' GARAGE ポップアップストア」がNEWoMan(ニュウマン) 新宿エキナカイベントスペースで821日から827日まで期間限定でオープン。

ポップアップショップでは、81日に新発売した「HOPPIN' GARAGE 刀剣キラリ」を含む6商品を販売。通常インターネットのみで販売している商品を1本から自由な組み合わせで購入できる。

購入者には、オリジナルデザインのショップバッグや「HOPPIN' GARAGE」ストアで使える10%オフクーポンをプレゼント。


サッポロビール初のクラフトビールイベント「ホッピンフェス」

ビールの飲み比べを通じて、ビールを楽しむ「ホッピンフェス」が84日から86日まで恵比寿ガーデンプレイス時計広場にて開催。

「ビールって楽しい!」をテーマに、「HOPPIN' GARAGE」を含む5つの個性豊かなクラフトビールブルワリーのキッチンカーが恵比寿ガーデンプレイスに集結し、多彩なビールを提供。

HOPPIN' GARAGE」のフラッグシップビール「ホッピンおじさんのビール」の樽生ビールも販売。さらに、1100セット限定の特別な5社飲み比べセットも販売。

 


「サッポロ生ビール黒ラベル」×「満天☆青空レストラン」コラボ

日本テレビ系列の人気テレビ番組「満天☆青空レストラン」とコラボレーションした「サッポロ生ビール黒ラベル『満天☆青空レストラン』コラボキャンペーン6缶パック」を2023719日に発売

同日から「乾杯セットが当たる!『満天☆青空レストラン』コラボキャンペーン」を実施。

■キャンペーン概要 

6缶パック内面に印刷されている専用ハガキにて郵送で応募すると、抽選で100名に「満天☆青空レストラン乾杯セット2023」をプレゼント。2023930日当日消印有効。

 


「赤星★探偵団」赤江珠緒さんが6代目団長に再就任

サッポロビールと講談社が共同で運営する、全国の「サッポロラガービールのある美味しい酒場」を紹介するコンテンツサイト「赤星探偵団」6代目団長に、フリーアナウンサー赤江珠緒さんが、6年ぶりに再び就任。    
赤星★探偵団の記事は「現代ビジネス」「FORZA STYLE」の編集部が企画編集を行っており、クオリティの高いオリジナル記事は赤星ファンのみならず多くの酒場愛好家からも好評。

 


サッポロ生ビール黒ラベル「丸くなるな、☆星になれ。『STAR POINT』」キャンペーン

ポイントをためて応募する、家庭と飲食店の両方で参加可能なキャンペーン。

オリジナルグッズコースの第1弾賞品は、

WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO(ワイルドサイド ヨウジヤマモト)」とのコラボレーションTシャツ。
デジタルギフトコースでは、必要なポイント数をためてアンケートに答えると「選べるデジタルギフト」が必ずもらえる。