2021年本屋大賞「52ヘルツのクジラたち」

全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ「2021年本屋大賞」が、4月14日発表されました。

 

大賞は、町田そのこ氏の小説「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社)

大分の海辺の街に移り住んできた女性が主人公で、母親から虐待を受けている少年に寄り添いながら、自らの過去に向き合っていく物語。

 

2021年のノミネート作品は以下の10作品でした。

(作品名五十音順)

・『犬がいた季節』(伊吹有喜)

・『お探し物は図書室まで』(青山美智子)

・『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)

・『オルタネート』(加藤シゲアキ)

・『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎)

・『この本を盗む者は』(深緑野分)

・『52ヘルツのクジラたち』(町田そのこ)

・『自転しながら公転する』(山本文緒)

・『八月の銀の雪』(伊与原新)

・『滅びの前のシャングリラ』(凪良ゆう)

 

 

 

過去の本屋大賞 大賞作品リスト

 

第1回:『博士の愛した数式』(小川 洋子)

第2回:『夜のピクニック』(恩田 陸)

第3回:『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(リリー・フランキー)

第4回:『一瞬の風になれ』(佐藤 多佳子)

第5回:『ゴールデンスランバー』 (伊坂幸太郎)

第6回:『告白』(湊かなえ)

第7回:『天地明察』(冲方丁)

第8回:『謎解きはディナーのあとで』(東川篤哉)

第9回:『舟を編む』(三浦しをん)

第10回:『海賊とよばれた男』(百田尚樹)

第11回:『村上海賊の娘』(和田竜)

第12回:『鹿の王』(上橋菜穂子)

第13回:『羊と鋼の森』(宮下奈都)

第14回:『蜜蜂と遠雷』(恩田陸)

第15回:『かがみの孤城』(辻村深月)

第16回:『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)

第17回:『流浪の月』(凪良ゆう)