シャルパンティエ効果


シャルパンティエ効果とは

同じ重さで体積の異なる2つのものを比較した時、体積が大きい方を軽く感じてしまう心理効果で、「大きさ、重さの錯覚」とも呼ばれます。

例えば、「綿1Kg」と「鉄1Kg」では、体積では綿の方が大きく見えるにもかかわらず、鉄の方を重いと感じるような錯覚です。

 

フランス人医師のオーグスチン・シャルパンティエ氏が、1891年に大きさと重さの錯覚についての実験を行ったことから、この名がついています。

 

シャルパンティエ氏の実験では、同じ重さの直径4cmと直径10cmのボールを被験者にそれぞれを持ち上げてどちらが重く感じるかを確認する実験を行っています。この時、被験者は直径4cmのボールが重いと答えました。

実験では、”同じ重さでも体積が大きい方が軽く感じる錯覚”を示しています。

 


シャルパンティエ効果のマーケティング活用


実験で示されたシャルパンティエ効果は、”同じ重さでも体積が大きい方が軽く感じる錯覚”なのですが、マーケティングでは少し拡大解釈して活用されています。

 

多く活用されている定番的な例には、「大きさや重さの単位が変わると、その量がより大きく(小さく)認識される」という効果があります。

商品の価格、成分の含有量などを、より大きく(小さく)見せたいものの表示に多く使われています。

 

・ビタミンC1000mg

  ⇒「ビタミンC1g」よりも含有量が多い印象を受ける。

 

・1日あたり〇〇円

  ⇒月額表示するよりも、コストが低くみえる。

 

・999円

  ⇒桁数が小さくなることで、1000円との差が1円よりも大きくみえる。