企画に役立つ用語や理論


マーケティング企画の話の中でよく出てくる用語や理論。

記事などの内容を理解することはもちろん、自身が企画書を作成する時にも理論や専門用語を使いたい場合があることでしょう。

 

専門用語や業界理論は、提案する相手によっては使わなくて良い(使わないほうが良い)場合もあります。

筆者も資料づくりの際にはできるだけ汎用的な言葉を使うようにしています。

 

しかし、理論や専門用語を使うことで、企画の狙いを端的に表現でき、専門性や信頼性を示すことができることもあるのです。

さらに、書籍や人の書いた記事などに専門用語が出てきた場合、その内容を正しく理解するためには、用語の意味を知っていなければなりません。

 

ここでは、マーケティングや企画担当者が知っておくことで業務がスムーズに進行できるよう、定番的なものから近年よく使われる用語や理論の概要をまとめています。



マーケティングに役立つ心理学


マーケティングプロモーションの現場では、「人がどのようなときにどのような感情になるのか、その結果どのような行動をとるのか」という心理学的な要素がツールのデザインやコピーに反映されています。

特に発展し続けるECの場面では、対面でないことから、より人の心理に沿った展開が必須になってくるでしょう。

ここでは、マーケティング関係者が企画作成業務に活用できる基本的な心理学用語をまとめます。



いまさら聞けないマーケティング関連用語


社会環境の変化や人々の行動や生活様式の変化などに合わせて、マーケティングを考えるための理論が提唱されます。

時代によって新しい理論が登場しますが、特にデジタルマーケティングや先端技術に関するキーワードを中心に、マーケティング関係者が今知っておくべき、マーケティング用語をまとめます。



関連記事