産物・食材のデータ


 食材をマーケティング企画に活用する際に使いたいデータのまとめ


旬の食材



食材の個別データ


いちご

キウイ

グレープフルーツ

・すいか

バナナ

・みかん

・メロン

・りんご

 

・キャベツ

・米

・さつまいも

・じゃがいも

・大豆

・たまねぎ

・人参

 



食材とマーケティング


食材自体は、生活必需品であることから基本的には需要が安定しており、マーケティングによる販促コントロールは難しい商品の一つです。

しかし一方で、産地、質、ストーリーなど、その個性によってマーケティングに活かせる要素ももっており、特に、他の商品と合わせて新しい展開を企画できることがあります。

食材は以下のようなマーケティング要素があります。

 

現代の日本では、旬のある食材でも一年を通して入手できることが多くなっていまが、多くの農水産物には旬があります。「本来の旬」の情報は、季節感の醸成、その産品の特徴の理解促進、情緒のあるコンテンツなど、食材そのもののマーケティングはもちろん、他の商品とのコラボにも役立ちます。

 

健康をテーマにしたメッセージ発信

食材の特徴によって健康や生活に関するメッセージを強調することができます。

例)

健康レシピ紹介

オーガニック

 

他商品とのコラボ、コンテンツのモチーフ

食材の特徴を、その他の商品のプロモーションコンテンツの制作に活用できます。

例)

野菜をテーマとしたマスコットキャラクター

プレゼントキャンペーンの景品

 

地域のPR

 

地域特産のブランド食材はもちろん、生産量ランキングや生産者のストーリーなどによって、地域のPRコンテンツに活用できます。