販売促進(セールスプロモーション)


販売促進(セールスプロモーション:SP)はマーケティング活動においての最終段階です。お客様に商品を実際に手に取り、購入してもらうことが目的であり、多くはリアル店舗の売り場・商品棚のツール、WEBショップなどが展開場所となります。

具体的には購入の後押しとなるメッセージを発信したり、マストバイキャンペーンやノベルティの添付など購入者特典のある施策を展開します。

 

また、消費者を対象としたものだけでなく、販売スタッフや営業部員を対象としたインナープロモーションを行い、販売への姿勢や意欲を高めることも販売促進に含まれます。

実際にセールスプロモーションの範囲はとても広く、商品の販路拡大、消費者の購買意欲の盛り上げ、スタッフ対策などを組みあわせて企画します。

 

特に近年は、SNSの活用やイベントや他ブランドとのコラボレーションなど、売り場以外で行う展開までSPの対応範囲は拡がっています。購入者レビューなどの口コミ情報も重要な要素となっていて、売り場から商品のブランディングに繋がるような企画も可能です。


売り場テーマ

販促活動のメインとなる消費者向けプロモーションは、キャンペーンやPOPツール、イベントなど様々な施策を組み合わせて実施しますが、それらをより効果的にお客様に伝えるために、あるテーマを設定することが有効です。テーマを設定することは、複数の商品をまとめた特集売り場を作ることにも役立ちます。【さらに詳しく



集客

販促には、お客様に来店してもらうための集客施策も大切です。実店舗でもWEBショップでも、認知度向上と来店や参加のきっかけを作る施策も様々存在します。

【coming soon】

 

 



販売促進の概論とコラム


販売促進に関する用語や考え方の説明、コラムなどを紹介しています。


関連記事