ベビーフェイス効果


赤ちゃんの外見をカワイイと感じて警戒心が緩むような現象をベビーフェイス効果と呼びます。大多数の人は、赤ちゃんのような顔を見ると「守ってあげたい」「初々しい」などと感じ、警戒心が解けることでリラックスした気持ちになることでしょう。アニメなどに出てくるキャラクターや動物にも同様の効果があり、それを狙ったデザインが施されています。

ベビーフェイス効果は、ある物の外見や特徴によって、実態とは無関係に印象や評価が決まってしまう「ハロー効果」の一種とも言えます。


ベビーフェイス効果を引き起こすベビースキーマ


ベビーフェイス効果は、人間や動物の乳幼児の形態的特徴を指す「ベビースキーマ」を応用したものとされています。

ベビースキーマは、オーストリアの動物行動学者コンラート・ツァハリアス・ローレンツが考案した概念で、数多くの実験により裏付けられています。

 

「目が大きく頬がふっくらしている」「体と比べて頭が大きく手足が短め」など、人間の赤ちゃんの特徴を備えたものを、人間の脳は「かわいい」と判断するようになっています。

これがベビースキーマの基本的な心理効果で、マスコットキャラクターなどは、このベビースキーマの基準を満たすようにデザインされていることが多くあります。

 


ベビーフェイス効果をマーケティングに活用するには


ベビーフェイス効果は広告に使われるなど、色々な場面のマーケティングにおいて多く活用されています。子どもに関係のない商品やサービスの広告に子役やキャラクターが起用されているのを見かける事が良くあると思いますが、広告にベビーフェイス効果を活用する事で親近感や好印象を与える効果が期待できます。

 

商品パッケージにも、幼い風貌のキャラクターや動物など、愛らしくアイキャッチになるビジュアルがデザインとして使われている例は世の中に溢れています。

ベビースキーマを取り入れたキャラクターを作ることで、相手の警戒心を解くベビーフェイス効果が得られることも考えられます。また、イメージキャラクターが存在する商品はカスタマーにとってよい印象を与えることも多いため、売り上げ貢献としても効果的です。

 



マーケティングに役立つ心理学