SDGsの実現を目指す“社会貢献型通販モール”「WakeAi(ワケアイ)」

コロナ禍により難しい状況にある企業への支援を広げる場として「買って応援、食べて応援」を促進する通販モール「Wakeari(ワケアリ)」と、事業者と消費者をつなぐFacebookグループとして発足後数ヶ月で累計70-80億円の支援による流通額をもたらした「Facebookコロナ支援・訳あり商品情報グループ」が統合し、社会貢献型通販モール「WakeAi(ワケアイ)」をオープン。

2つのサービスが統合することで、今まで以上に大きな活動によってフードロスや食品ロス削減を支援することを目指しています。

 

ワケアイでは、

・在庫が大量に余ってしまった

・取引先も打撃をうけたことで受注がなくなってしまった

・外出制限などでお客さんが激減した

・事業がうまく回らなくなってしまった

など、コロナ禍の影響によって困難な状況に直面した事業者、生産者が「訳あり商品」を出品・販売できる通販モール。

消費者にとっては、事業者を応援しながらいい品を安く入手できるメリットがあります。

 

現在多くのメディアで取り上げられ利用者を拡大中。

特に、農林水産省が行っている「品目横断的販売促進緊急対策事業におけるインターネット販売推進事業#元気いただきますプロジェクトhttps://www.kokusan-ouen.jp/)に参加し、一部の対象品目は注文送料無料になっています。

 

#元気いただきますプロジェクトの対象商品のページ