ヴィーガン惣菜のサブスク宅配がスタート!「ブイクックデリ」事前予約開始

日本初となるヴィーガン惣菜のサブスクリプションサービス

ヴィーガン冷凍惣菜の定期宅配サービス 「ブイクックデリ」が、202131日にスタートします。

 

ブイクックデリとは、ヴィーガン冷凍惣菜を定期宅配するサービス。菜食が普及しているニュージーランドのシェフが監修した料理が12種類のメニューとなって、ランダムに届けられます。

 

 

202011月〜12月に行われたテスト販売のクラウドファンディングで148%の達成率を果たして大盛況。大きな注目を集める中、正式スタートを前に215日より事前予約の受付を開始しています。

 

予約サイト:https://vcookdeli.jp/

   

 

 

 

ヴィーガン×サブスクが有効なワケ

世界的なヴィーガン・ベジタリアンのブームが日本でも広がっています。

しかし、ヴィーガンとして、環境や動物への配慮、健康、安全などを理由に菜食を選択しようとしても、今の日本の外食や中食ではまだまだ選択肢が少ないのが現状です。

 

 

ヴィーガン料理を手軽に選択できる機会やメニューのバリエーションが広がることで、ヴィーガンライフを実健しやすくなります。

「ヴィーガン料理を買う場所が少ない」「リモートワークだから、自宅でヴィーガン料理を気軽に食べたい」という人とっては、サブスクリプションサービスば便利で参加しやすい仕組みとなるでしょう。

 

ブイクックデリの特徴

①気軽さ

自宅に冷凍で定期宅配されるので、食べたい時にレンジで温めれば、気軽に本格的なヴィーン料理が楽しめます。


②栄養バランス

全てのメニューにタンパク質11.5g以上含まれ、野菜や食物繊維なども十分摂取することができ、栄養バランスが気になる方も安心。


③環境に配慮したサービス

 

食べることで環境問題に貢献できるヴィーガン料理。受注生産システムで食品ロスを減らし、容器はプラスチックフリーの紙製品を使用するなど、最大限の環境配慮を実行しています。

 

 

ブイクックと大手メーカーのコラボ

ブイクックデリのメニュー数は12種類。そのうち5メニューは大手食品メーカーを含む、他企業とのコラボメニューがあります。


コラボ①カゴメ 

「里芋のボロネーゼ」

カゴメ株式会社が2019年にヴィーガン認証を受けて販売を開始した「根菜と大豆ミートのボロネーゼ」が使われています。

 

コラボ②オムニミート

「肉団子と野菜の甘酢あん」「ミートローフ」「ロールキャベツ」

3品には2020年5月に日本での販売を始めた「オムニミート」を使用

 

コラボ③KARAAGE2.0

「唐揚げ」

株式会社D’Yquem(ディケム)が2021年にECサイトにて販売を開始した、大豆ミートの唐揚げブランド「KRAAGE 2.0」を使用。

 



株式会社ブイクックについて

自身も高校3年生からヴィーガンを実践する代表取締役 工藤柊によって、20204月に設立。「誰もがヴィーガンを選択できる社会」を目指して、現役大学生ながら事業を展開。

【事業概要】
・日本初のヴィーガンレシピ投稿サイト「ブイクック」の開発・運営。

・ヴィーガン惣菜の冷凍定期宅配便「ブイクックデリ」。

 

・食品メーカー等のヴィーガンプロダクトのマーケティング支援。

 

ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」が堅調にアクセスを伸ばしています

 


関連コラム