キリンのクラフトビール「SPRING VALLEY 豊潤496」が2022年リニューアル

スプリングバレー2022

キリンの人気クラフトビール「SPRING VALLEY 豊潤<496」が2022年より(2021年12月製造分)よりリニューアルしています。

今回のリニューアルポイントと、2022年4月から放映されている新CMを確認しましょう。

 


スプリングバレーのリニューアル点(2022年)


中身(味)について

さらにバランスの取れた豊潤な香りと味わいへ。

「全体のバランスが良い」「飲み飽きない味」「食事に合う」などの項目で、事前の消費者調査で高評価を獲得。

 

①新たに希少な日本産ホップ「IBUKI」を加え、5種のホップを使用。

穏やかな香りが特長の日本産ホップ「IBUKI」を使用することで、味わいや香りのバランスをさらに高め、雑味のない後味を実現。

 

②仕込工程の一部を変更

現行品より酸味を抑え、満足感がありながらも、これまで以上にバランスよく飲み飽きない味わいを創出。

 

パッケージについて

帯・英字・カナのロゴをより大きく

ブランド名「スプリングバレー」の識別性を強化

 

ワインレッド×ゴールドの色味をブラッシュアップ

高品質感を表現


スプリングバレーのCM(2022年春)


スプリングバレー 夜明け篇 吉永小百合さん

 

スプリングバレー リニューアル新発売篇 長谷川博己さん


スプリングバレーとは


スプリングバレーの歴史

米国人ビール醸造家、ウィリアム・コープランドが1870年に横浜に設立した「スプリングバレー・ブルワリー」。日本で初めて商業的に成功した醸造所と言われており、その地は後に、ジャパン・ブルワリー・カンパニー、そしてキリンビールへと引き継がれました。

このブルワリーの志を引き継ぎ、キリンビールが、スプリングバレー」ブランドの名のもとに新事業としてクラフトビール事業をスタート。2015年には東京・代官山と横浜、2017年には京都に、醸造所併設の直営ビアレストラン「スプリングバレーブルワリー」をがオープンしています。

素材、手間、時間などの制約にとらわれず、キリンのクラフトマンシップを注ぎ込んだビールとして、業務量製品のだけでなく、家庭用向けの缶製品、専用サーバー製品としても販売されることとなりました。

 

スプリングバレーの特長

・きめ細やかなふわとろの泡

・口に広がる麦のうまみ

・豊潤なのに綺麗な後味
・麦芽は「キリンラガービール」の約1.5倍使用

・ホップは4品種を組み合わせて使用

・ディップホップ製法で、苦味は抑えながら豊潤な香りを実現
・「496」の数字は、数学の世界での“完全数”。パーフェクトなビールを目指すという醸造家の情熱を表している。

 


スプリングバレーは、タップ・マルシェでも飲める


スプリングバレーは、キリンの飲食店用ディスペンサー「Tap Marché(タップ・マルシェ)」にも導入されているので、外食で楽しむこともできます。

直営店「スプリングブルアワリー」はもちろんのこと、全国でも、キリンのビールサーバーを導入している飲食店ならば飲めるところがあります。

 

【関連記事】

タップマルシェ

 

▼タップ・マルシェを導入しているお店をさがす
https://www.tapmarche.jp/DrinkableShopAreaList.jsp



ビールに関連する販促資料


ビールの年間販促施策
ビールの販促カレンダー(PDF版)

コトモノニュース マーケティングニュース
企画のネタのヒントになるニュースやトピックを探そう