· 

【七夕】願い事、恋愛、そうめん、七夕にはプロモーションモチーフがたくさん。

77日は七夕です。

七夕は年間歳時の中でもかなり歴史の古いもので、平安時代から始まったと言われています。織姫と彦星の恋物語や願い事を書いた短冊を笹に飾るイベントに加えて、最近は行事食としての七夕そうめんも全国的に認知が拡がっているようです。

日本では子どものイベントという印象が強いですが、大人も楽しめるコンテンツももっと盛り上げればも、プロモーションのモチーフとして有効なテーマになる得るとおもいます。

 

七夕(77日)に関わる話題やコンテンツをまとめてみます。


七夕の由来


七夕の起源は、

1)日本の神事であった「棚機(たなばた)」

2)織姫と彦星の神話

3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)

 

があわさったものと言われています。

(1)棚機(たなばた)

日本に古い時代に「棚機(たなばた)」という神事がありました。乙女が着物を織って棚にそなえ、神様に豊作を祈り人々の穢れを払うというもので、仏教が伝わった時代から、お盆前の準備として77日の夕方に行われるようになったそうです。

 

この行事で、乙女が着物を織るために使われた織機をが「棚機(たなばた)」と呼ばれており、現在の「七夕」を「たなばた」と呼んでいる由来と言われています。

(2)織姫と彦星の神話

天空の星の中で、ベガと呼ばれる織女(しょくじょ)星、アルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は、旧暦77日に天の川をはさんで最も明るくみえる星です。

 

この日を一年一度のめぐりあいの日と考え、中国で、織姫と彦星(牽牛)の七夕ストーリーが生まれ、日本に伝わったとされています。

(3)乞巧奠(きこうでん)

「乞巧奠(きこうでん)」は、中国の行事で77日に織女星にあやかってはた織りや裁縫が上達するように祈る風習で、庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げます。後には、はた織り以外に書道などの芸事の上達も願うようになりました。


日本への伝わった七夕の行事


日本では平安自体に宮中行事として七夕行事が行われるようになり、食事やお香、音楽を楽しむことに加えて、サトイモの葉にたまった夜つゆを「天の川のしずく」に見立てて、梶の葉に和歌を書いて願いごとをしていたそうです。

その後、江戸時代になると七夕は庶民の間にも広まり、全国的に行われるようになると、梶の葉のかわりに五色の短冊に色々な願い事を書いて笹につるすお祭りと変わっていったとされています。

 

笹や竹は、冬でも緑を保ち、まっすぐ育つ生命力のある植物であることから、神聖な力があるとされており、行事の終了後に笹を川や海に流すのは、けがれを流すという意味があります。


七夕の行事食はそうめん


七夕の行事食としてそうめんがあります。

七夕そうめんの由来

そうめんのルーツは、中国伝来の「索餅(さくべい)」という、縄のように編まれた小麦粉料理だといわれています。

「古代中国で、77日に亡くなった帝の子がなくなり、その後疫病が流行ったことから、その子の好物だった索餅を供えて祀った」という伝説から、中国では、77日に索餅を食べると1年間無病息災で過ごせるとされていました。

 

奈良時代に索餅が中国から日本に伝えられると、日本では、麦の収穫期に麦餅を作る風習とともに、この索餅の文化が宮中行事から一般にも広がり、やがて、索餅がそうめんへと変化し、七夕そうめんになったとされています。

7月7日は「そうめんの日」

七夕の行事食としてそうめんを全国的に広めたいという思いから、全国乾麺協同組合連合会が、昭和57年に77日の七夕の日を「そうめんの日」と制定しました。

現代の七夕そうめん

日本では七夕そうめんとして、5色に色付けされたそうめんが販売されていたり、家庭でできるアレンジ(デコレーション)そうめんレシピが紹介されていたりします。

 

七夕そうめんのレシピ

 

現代でも、そうめんは、日本の夏の定番メニュー。

さらに近年は、冷やし麺ブームや自宅での食事機会の増加で、夏のそうめんの人気が高まっていて、昨年、一昨年は夏本番の前にそうめんが売り切れる現象もありました。

夏のプロモーション食材としても注目です。

 



七夕をテーマとしたキャンペーン


養老の滝グループ「七夕そうめんフェア」

養老乃瀧・だんまや水産・一軒め酒場の対象店舗にて、徳島県産「半田そうめん」で夏の涼を楽しむ限定メニューが登場。

 

同時に、「半田そうめん(1袋)が当たる! Twitterハッシュタグキャンペーン」も開催。
実施期間
2022
71日(金)~77日(木) 7日間
七夕そうめんフェア対象店舗

 

PLACOLE&DRESSY婚姻届 七夕デザイン

『PLACOLE&DRESSY婚姻届』は、正式に申請できるオリジナルデザインを含めて50種類以上の婚姻届を無料でダウンロードすることができるサービス。

開始から3ヶ月で1万ダウンロードを突破し、現在もダウンロード数は伸びています。

七夕は織姫と彦星のラブストーリーに因んで、入籍するカップルが多い日になっているため、要望も多かった『七夕デザイン』を7月7日に提供を開始しています。

▶PLACOLE&DRESSY婚姻届七夕デザインダウンロード

 

新横浜プリンスホテル 遠距離カップルを応援する七夕ステイプラン

新横浜プリンスホテルは、長いコロナ禍で、織姫と彦星のようになかなか会うことができなかった遠距離カップルに向け、七夕シーズンに合わせ、2人の居住地域の距離が遠ければ遠いほどお得になるステイプラン販売しています。

 

「織姫と彦星の七夕遠距離恋愛応援ステイ」概要

【期間】 202271日(金)~714日(木)
【内容】 35階以上の部屋1泊、遠距離特典、レイトアウト

アートアクアリウム美術館 GINZA 七夕期間限定特別演出

銀座三越新館に5月3日(火)オープンした「アートアクアリウム美術館GINZA」では、七夕特別演出として、夏の風物詩「金魚」と「七夕」の象徴である笹に飾られた短冊を華やかなライティングで演出しています。

 


7月の販促、スーパー、小売

七夕は、5節句の一つ


七夕は、日本の一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにも数えられています。

節句とは、季節の変わり目に無病息災・豊作・子孫繁栄などを願って、お供えものをしたり邪気払いを行ったりする行事のことで中国から伝わった文化です。

現在、日本に残っている節句は5つで、五17日の人日、33日の上巳、55日の端午、77日の七夕、99日の重陽です。

11日の元旦は別格とされ、17日が節句に取り入れられていますが、それ以外は同じ奇数が重なる日です。中国で奇数は陽の数とされていて、縁起の良い数字が重なることで逆に不吉な日とされ、厄払いする日として捉えられていたそうです。


7月7日はクールアース・デー


77日は、クールアース・デーでもあります。

クールアーズ・デーは、2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)が77日に開催されたことから毎年77日に定められました。

家庭や職場において、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認し、低炭素社会への歩みを実感するとともに、それぞれができる地球温暖化対策の取組を推進するための行動を提案しています。
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/


コトモノニュース マーケティングニュース
企画のネタのヒントになるニュースやトピックを探そう