アサヒビールが提唱する“スマドリ”を実現するバーが渋谷にオープン

アルコール度数を選んでドリンクが楽しめるバーSUMADORI-BAR SHIBUYA(スマドリバー シブヤ)』が、2022630日、渋谷センター街にオープンします。

 

店舗概要
店舗名:SUMADORI-BAR SHIBUYA(スマドリバー シブヤ)
オープン日:630
所在地:東京都渋谷区宇田川町23-10
営業時間:12:0022:00(予定)
客席数:70(予定)

 


飲む人と飲まない人が一緒にたのしめるバー


SUMADORI-BAR SHIBUYA(スマドリバー シブヤ)』では、アサヒビールが提唱する「スマートドリンキング」を実現するバーとして、飲める人だけでなく、飲めない人、飲まない人も、お互いを尊重しながら楽しめるバー。

メニューは、ハードクラフトレモネードやハードクラフトコーラ、“微アルコール”ビールテイスト飲料「ビアリー」やスパークリング『ビスパ』、アルコール分3.0%のハードセルツァー『VIVA』など約100種類以上。

 

アルコール度数は、0.00%0.5%3.0%以上から選べ、自分の体質や好みに合った飲み方ができます。


スマートドリンキングとは


アサヒビールは、グループのサステナビリティのマテリアリティのひとつである「責任ある飲酒」の取り組みの一環として202012月に「スマートドリンキング」を提唱しています。

スマートドリンキングとは、お酒を飲む・飲まない、飲める・飲めない、飲みたい時・飲まない時など、さまざまな人々の状況や場面における“飲み方”の選択肢を拡大し、多様性を受容する商品やサービスの開発、環境づくりを推進していくこと。

お酒を飲まない人も飲めない人も楽しめるバーを開設することで、飲み方の多様性を尊重し合える「スマートドリンキング」の実現を目指しています。



スマドリ株式会社について


SUMADORI-BAR SHIBUYA』を運営するスマドリ株式会社は、「スマートドリンキング」を推進するため、20221月にアサヒビールと電通デジタルが共同で設立した合弁会社です。



関連:ノンアルコールバーのニュース



コトモノニュース マーケティングニュース
企画のネタのヒントになるニュースやトピックを探そう