· 

キリン ホーム・タップが進化。他社のクラフトビールもランナップに追加

 

キリンの会員制生ビールサービス「キリンホームタップ」は、定番ビールの「一番搾り プレミアム」、「スプリングバレー」に加え、2022年からは会員待望の定番ラインナップ拡充が実現しています。第一弾となったヤッホーブルーイングの参画に続き、20214月よりFar Yeast Brewingが参画します。


キリン ホームタップとは


月2回ペットボトルに入ったビールが自宅に届き、専用のビールサーバーで注ぐことで、本格的な生ビール体験が自宅で楽しめる会員制サービス。

2017年からサービスを開始し、その後1年の改良期間を経て2019年より再度会員を募集し、自宅で過ごす時間が増えたことも後押しとなり、2020年に大きな伸びをみせる。

その後、2021年3月より本格始動し、2021年8月には会員10万人を突破。

 

利用料金(税込み)

月4Lコース:月額 8,250円~

月8Lコース:月額 12,430円~

 

「キリン ホームタップ」公式サイト 

 


他社ブルワリーが参画


ヤッホーブルーイング社

1997年に創業された、エールビール専門のクラフトビールブルワリー。創業者は星野リゾート代表の星野佳路氏。主要なブランドは「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「東京ブラック」など。

クラフトビールメーカーとしては業界最大手で、ビール業界全体では大手5社に次ぐ第6位。

「ビールに味を!人生に幸せを! 」をキャッチフレーズに、日本のビール市場に、新たなビール文化を創出することをミッションに掲げている。

2014年9月 キリンビールと業務・資本提携、生産の一部を委託

2017年10月 日本ハウスホールディングスから銀河高原ビールを買収

Far Yeast Brewing株式会社

2011年に契約醸造のブルワリーとして創業し、2017年に山梨県小菅村に、自社工場「Far Yeast Brewing源流醸造所」で稼働開始。

”Democratizing beer “「産業化によって画一的な大量生産商品になってしまったビールの多様性と豊かさをもう一度取り戻す」というミッションのもと、和の馨るエール「馨和 KAGUA」、”東京 Tokyo“ をテーマにした 「Far Yeast」、そして、イノベーティブなビール造りに挑戦する「Off Trail」という3つのクラフトビールブランドを展開。

7種類の定番ビールのほか、昨年は43種の多種多様な限定ビールを発売している。

 



3社合同 新ビールラインアップ発表会


ビールラインアップ拡充を記念した3社合同 新ビールラインアップ発表会が2022年4月18日(月)に開催されました。

ホームタップに参画する他社ブルワリーから 株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長 井手直行氏と Far Yeast Brewing株式会社 代表取締役 山田司朗氏が登壇しトークセッションを展開しています。

また、著名人ゲストを招いてのトークセッションも展開。

ゲストは、ホームタップの会員でもあり、アンバサダーも務めている中井貴一さん、天海祐希さんに加え、新たに会員になったチョコレートプラネットの松尾駿さん。トークセッションでは、それぞれのホームタップの使い方を語っています。

 

【3社合同発表会 実施概要】

■日 時:2022年4月18日(月)11:40~12:50 (報道受付開始:11:00~)

■会 場:ザ・リッツカールトン東京

■登壇者:

・キリンビール株式会社 執行役員マーケティング本部 事業創造部長 山田雄一氏

・株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長 井手直行氏

・Far Yeast Brewing株式会社 代表取締役 山田司朗氏

■ゲスト

・中井貴一さん

・天海祐希さん

・チョコレートプラネット松尾駿さん

■内 容:

(1)キリンのホームタップ事業について

(2)参画ブルワリー社長を交えたトークセッション

(3)新登場ビールの紹介 / 質疑応答

(4)ゲストを招いてのトークセッション & フォトセッション


「キリン ホームタップ」体験会


実際にサーバーからビールを注いで、その味わいを体験できる無料試飲体験会も受け付け中。

53()8()に東京都にて、514()15()に東京都・大阪にて開催。

 

体験会への参加は予約制 


ビールの販促資料



コトモノニュース マーケティングニュース
企画のネタのヒントになるニュースやトピックを探そう