· 

【春分の日】春分の日は物事のスタートに適した日

2022年の春分の日は、321日(月)です。


春分の日とは


地球のどこにいても昼と夜の長さが同じになる日。厳密には日本では昼のほうが少し長くなります。

陽の長さによって冬から春への移り変わりを実感できる時期でもあり、この日をキッカケに冬の厳しい寒さが終わるという目安にもなる日です。


春分の日には何をする?


先祖を供養する

春分の日(および秋分の日)のそれぞれを中日とし、その前後3日間をあわせた7日間がお彼岸です。春分の日、秋分の日は「此岸と彼岸が最も通じやすい日」と考えられたことから、先祖供養を行うようになったとされています。

お墓参りや仏壇の掃除、お供えなどを行い、それにあわせて自分自身を見つめ直してみましょう。

自然を愛しむ

春分は二十四節気の一つとして春の中間に当たります。昔の農業生活においては、農作物の作付け、収穫を行う際の時期を見極めるのに大切な時期で、農作業を本格的に始めることが多く、豊作を祈願する日でもありました。

現代の生活でも、気候が暖かくなり春の息吹を感じる時期で、春の自然や生き物の生命を讃え、春の食材を楽しむのもいいですね。

ものを新調する

日本では新学期、新年度を迎える前の時期でもあり、新しいものを使い始めるの日としてもおすすめです。春にお財布を新調すると「春(張る)財布」として縁起が良いという説も有名です。

衣替え

春物衣料を本格的に準備したくなる時期です。厚手のコートやセーターをクリーニングしたり、スーツや制服などの仕事服をを春物に変えるキッカケとしても良い日です。

家の掃除をする

スプリング・クリーニングとは、冬の間の暖房のすすなどで汚れた家を大掃除するという欧米の習慣ですが、日本でも理にかなった部分があります。花粉や春の誇りが多い時期なので掃除をしたい時期でもあり、エアコンの掃除、カーテンのクリーニング、窓ガラスの掃除などが春の掃除に適しています。さらには年末に大掃除ができなかった人にとってもいいきっかけになる日です。

パワースポットを参拝

また春分の日には、太陽が北緯3522分のラインを真東から昇って真西に沈みます。その際、西から出雲大社(島根県)、大山(鳥取県)、元伊勢(京都府)、竹生島(滋賀県)、七面山(山梨県)、富士山、寒川神社(神奈川県)、玉前神社(千葉県)が太陽の通り道として一直線で結ばれます。この現象はご来光の道と呼ばれ、各ポイントはパワースポットとして人気です。



春分の日の食べ物


ぼた餅(牡丹餅)

お彼岸ということから、ぼた餅が行事食となっています。

春はこし餡で牡丹餅、秋はつぶ餡で御萩というのが一般的です。あんこの種類が違うのは、収穫時期の違いによって、収穫したばかりの秋の小豆は、皮ごと食べられるので粒餡なのだそう。小豆は邪気を払い、魔除けの効果があることから、ご先祖様への供物として親しまれています。

ふき、ふきのとう

日本が原産の山菜。ふきのとうは、ふきの花のつぼみを指し、春先に一斉に芽吹くことで、代表的な春の山菜。この時期には、スーパーなどでも入手でき、新鮮なものはえぐみが少ないので天ぷらやおひたしがおすすめ。

ハマグリ

「ひな祭り」のお吸い物でお馴染みのハマグリは、春の祝い事の定番食材。35月ごろが旬です。菜の花を入れたお吸い物なども春を感じさせる一品。

桜鯛

春の真鯛は、3月ごろから産卵期を迎え、その時期にうっすらとしたピンク色になるので「桜鯛」と呼ばれます。キラキラと輝いて見えるのが特徴で、春の訪れを告げるおめでたい魚。

はっさく

完熟させた「木なりはっさく」は、3月中旬ごろが収穫時期。サクッとした食感とほんのりとした苦味が特長。


春分の日は祝日なので、販促マーケティングの視点からも「春分の日にするコト、食べるモノ」を提案しやすくもあります。


コトモノ
コトモノニューストップへ

4月の販促

3月の販促テーマと施策案

新生活が始まる月。花冷えとも言われるように、気温はまだ低い日が多く、春のイメージの中でも実用的な防寒対策は需要アリ。

 

5月の販促

GWのレジャー・娯楽関係の需要がポイント。新生活に慣れ始める頃、GW後は落ち着いて身近な生活充実させる提案も有効でしょう。

6月の販促

梅雨が始まり、湿気やカビ対策、食中毒予防など衛生管理の需要が高まります。夏の準備も始める時期です。