· 

【ひな祭り】ひな祭りの実態調査報告

木製玩具やベビーグッズを販売するエデュテ株式会社が行った「ひな祭りに関するアンケート調査」をシェアします。

 

■調査概要

調査名:ひな祭りについての実態調査

調査期間:2022年2月7日~2月23日

調査手法:Web調査

調査対象:子育て中または子育て経験のある方

回答者数:56名(20~60代男女)

 

調査対象は、「子育て中または子育て経験のある20~60代男女」なので、自身が父母または祖父母にあたる人ということになります。家族にひなまつりの対象者(主に10歳くらいまでの女の子)がいることとは完全に一致はしませんが、近しい対象者と言えるでしょう。

 


ひな人形について



ひな人形を購入した時期や経緯


  • 「時期は予約開始の11月ごろ。実家の親が購入してくれました」
  • 「娘が産まれてすぐ(12月頃)に。自分のひな人形は持っていなかったので、娘には持たせてあげたいと思い、また両親にとって初孫ということもあり購入しました」
  • 「実家の両親が買ってくれました。娘が初節句を迎える年の1月に、家族皆で人形屋へ行き選びました」
  • 「初節句を迎えるため、1月下旬頃に購入しました」
  • 「義理の両親にいただきました」
  • 「昨年は生まれたばかりでひな人形が売り切れてしまっていたので、今年私の親から贈り物としてもらいました」
  • 「私のひな飾りを飾って終わりにしていたのですが、旦那が子どもたちに買ってあげたいと言い、時期外れで価格が安くなっているのをネットで見つけ買いました」
  • 「1月頃に。西陣織のおひな様をインスタで見つけ、購入。娘が大人になってもインテリアとして飾れるようなおしゃれでかわいいおひな様が欲しかったので、これだ!と思い買いました」

ひな祭りのお祝いについて


  • 「おひな様を飾り、お祝いのご飯を食べます」
  • 「桃の花を飾る、写真撮影、ケーキやちらし寿司を食べる」
  • 「1歳を迎えて食べられるものが増えたので、ひな祭りメニューを作ってケーキも食べる予定です」
  • 「ケーキ、ちらし寿司、ひなあられを可愛らしいお洋服を着ながら食べて過ごす予定です」
  • 「子ども用ちらし寿司を作って袴ロンパースで写真撮影」
  • 「毎年恒例なのですが、義父母・主人・私・娘で記念写真を撮ったり、義母が娘のために可愛らしいひな祭りの手まり寿司を作ってくれる予定です」
  • 「両家の両親を招いて、娘を囲む食事会を行う予定」
  • 「孫の初節句です。兄弟が集まって食事をする予定です」
  • 「コロナ禍で会えていない両親に、ひな人形と娘の写真をたくさん撮って送ろうと思っています」

サマリー


・半数以上の人が「ひな人形がある」

・一番多い形状は、お殿様とお姫様のみの「親王飾り」

・孫の初節句を祝う祖父母が購入することが多い

・お祝いの仕方は、お祝いの食事・スイーツと記念撮影


考察


子どものいる家族では、約半数がひなまつりを楽しんでいます。

ひな人形は、住宅事情や生活スタイルなどからやはりシンプルがコンパクトなものが主流で、今後もこの流れが続くことでしょう。よりコンパクト化していくことも考えられます。

購入者は、祖父母が多く、時期は初節句を迎える前の12~1月頃に購入したという回答が多かったようです。特に初節句の場合、両親も交えてひな祭りのお祝いをする家庭が多く、ひなまつりは、ランドセルと同様な「三世代消費」の代表的なテーマと言えるでしょう。

ひなまつりのお祝いの仕方は、お祝いの食事として、「ちらし寿司」スイーツは「ケーキ」、そして「子供の記念撮影」が定番のようです。

過去の数十年の範囲でみても、現代までにそれぼどひなまつりの捉え方は変わっていないように感じられますが、数年も少子化の傾向は顕著で、これからの10年では市場規模はもちろん、スタイルも大きな変化が訪れるのではないでしょうか。


3月の販促

コトモノニューストップへ-
コトモノニューストップへ-