· 

三菱電機100周年 ~積を求めよう~

三菱電機は、20212月に創立100周年を迎えました。


三菱電機とは


 産業用電気機器では多くの品目で日本国内トップシェア。

宇宙・防衛分野に強く、防衛省からの契約実績は長年にわたり第1位を維持。

家電から重電、人工衛星まで幅広い製品を販売している日本の大手総合電機メーカーであり、多様な製品・サービスを提供し続けています。

 

【沿革】

1873年(明治6年)、岩崎弥太郎が海運会社九十九(ツクモ)商会を三菱商会と改称し、海運と商事を中心に事業の展開を行い、1917年(大正6年)10月 に三菱造船として独立。

1921年(大正10年)1月に三菱造船の電機製作所を母体に三菱電機株式会社として独立。

創立記念日は2月1日。

創立以来、扇風機、テレビ、エレベーター、冷蔵庫、電子計算機などの第1号機を生産し、1928年、日立製作所、芝浦製作所(後の東芝)、川崎造船所(後の川崎重工業)と共同で国産初の大型電気機関車を開発・製造。

1958年、三菱電機が中核となりグループ25社で三菱原子力工業を設立。

1980年代では、オーロラビジョン第1号機を米国ドジャースタジアムに設置、国内での37型カラーテレビ発売、小形カセット式ハイビジョンVTRの開発など映像機器分野でも伸張。1989年には売上が2兆円を超える企業となり、ロンドン、パリの証券取引所に株式上場。

1990年代に入るとIBM社、ヒューレット・パッカード社との提携などコンピューター事業基盤を強化。米国、タイに財団設立、米国環境保護庁の受賞など国際化にも対応。

2000年以降は、「ユニ&エコ」展開、「環境ビジョン2021」実現に向けた地球温暖化対策事業の強化・拡大方針を発表、三菱電機グループの環境ステートメント制定など、環境対策にも注力。

2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、エレベーター・エスカレーター・ムービングウォーク分野におけるオフィシャルパートナーとなる。

 


三菱電機の企業キャッチコピーの変遷


「品質奉仕の三菱電機」(1952- 1963年)

「今日もあなたと共に」(1963- 1969年)

「未来を開発する三菱電機」(1969- 1984年)

「技術がつくる高度なふれあい―SOCIO-TECH(の三菱電機)」(19851- 20016月)

Changes for the Better」(20017--

SMART QUALITY あしたを、暮らしやすく」(201210- ) -

「ニクイねぇ!三菱」(201441--

 

「ともに新しい暮らしへ。」(20204-

 


三菱電機の100周年事業


100周年メッセージ

「さあ、積を求めよう」

 

それは、世代や立場を越えて互いに信じあい、高めあうこと。
そして、ひとりでは創造できない新たな価値を創りだすこと

 

100周年記念ロゴ

「多様化する社会課題の解決に向け、グループ内外の力を結集し統合ソリューションの提供に取り組みながら、次の100年に向けて「変革」していく強い意志」を表現したデザイン。

 

一見すると紅白のラインパターンが、見方を変えると「100」の文字が浮かび上がり、上下を反転させても、「100」の文字がみえる。

 

100周年記念TVCM

世代や立場を越えて互いに信じあい、高めあいながら次の100年へ向かっていく三菱電機グループの姿勢を、シンボリックな映像で表現

 

三菱電機グループソング

Changes for the Better ー もっと素晴らしい明日へ

 

制作/三菱電機グループソング制作委員会 

 

100周年記念サイト

100周年記念社史

1921年の創立から現在に至る100年の間で起こった出来事やエピソードを楽しいイラストを交えて紹介

 

100 years of innovation.

三菱電機グループの100年を、ヒト・モノ・コトを通して振り返りつつ、次の100年に向けて踏み出す第一歩を様々なコンテンツで表現。

・今日の掛け算

 「今日の掛け算」では、世の中に実際にある素敵な掛け算の例を紹介

・三菱電機の伝記

 過去の技術や製品、トピックスを、100年の歴史の中から厳選して紹介

・積を求める社員たち

 100周年のメッセージ「積を求めよう。」に対する社員の想いを紹介

 

・数字でみる三菱電機

 


コトモノニューストップへ
コトモノニューストップへ