ヴェブレン効果


商品の価格が高額であるほど需要が高まる現象「ヴェブレン効果」について、その概要とマーケティングシーンでの活用方法や例をまとめています。


ヴェブレン効果とは


ヴェブレン効果とは、一般的に購入しずらいような高価格のものに価値が生まれ、更なる需要を生み出す現象です。

「高いもの=特別なもの」

ブランド価格と言われるように、価格が高額であるということによって特別性を感じ、他の人が買えないような価格のものを購入(入手)するという自己顕示欲が満たされる。このような実質的ではない消費に魅力を感じる人が一定数いることによって、高いものほど需要が生まれていくのがヴェブレン効果です。

また、ヴェブレン効果が発揮されている購買行動によって、顕示性が連鎖し、価格がさらに高価になっていくことがあります。

 

ヴェブレン効果の名前の由来

ヴェブレン効果の名前は、アメリカの経済学者ソースティン・ヴェブレンが由来です。

彼は1899年の論文「有閑階級の理論」で、有閑階級(金銭的に余裕があり働く必要のない人たち)が目立つために高価格な商品を購入する「顕示的消費」について述べています。

 


ヴェブレン効果が起こる条件


ヴェブレン効果が起こるためにはいくつかの条件が考えられます。それらは「顕示欲を満たすため」の条件とも言えるでしょう。

 

希少価値があり価格が非常に高いものであること

ヴェブレン効果は価格高いことに加えて手に入りにくい希少なものであることで、発揮されます。購入者の「周りから羨ましがられたい」という心理を刺激するものだからです。

より他者が購入しにくいものを自分が購入することで「自分だけの特権」を感じ、それを周囲にアピールすることで次の需要が生まれていくのです。

 

価値が社会的に認められていること

ヴェブレン効果が効果的に発揮されるためには、もの自体の価値が多くの人または特定のコミュニティで認められている必要があります。誰も知らないものでは、他人にうらやましがられる効果が弱く、顕示性も弱いものになってしまいます。

実際には、ほとんど人に知られていないブランドの高級品を購入したがる人もいますが、その場合は、購入者自身の自己満足に終わってしまいます。

ヴェブレン効果は、購入者の自己満足だけでなく、価値をかんじられているものでのなければなりません。

 

ヴェブレン効果が現れる事例

・高級ブランド商品

・美術品(有名な・話題になっている作家の)

・ゴルフなどの高級会員権

・一部の顧客のみが受けられるサービス

・世界に〇つなどの限定品(みんなが知っている商品で)


ヴェブレン効果のマーケティング活用


マーケティングにおいてヴェブレン効果を発揮させるための活用法を紹介します。

(1)みんなが欲しがる価値

ヴェブレン効果を発揮するためには、購入者に「人に見せびらかせる価値」を感じてもらう必要があります。

それはだれもが簡単に手に入るものではないものでありかつ、多くの人が欲しがるようなものである必要があります。この「多くの人が欲しがる」というところがポイントで、例としては「人気商品」「限定商品」「縁起品」などが挙げられます。

(2)ブランドの確立

ヴェブレン効果の大きなポイントは「ブランド化」です。そして、そのブランドは高価格であることを納得させる地位が確立していなければなりません。

しかし一般的に、ブランド化には時間がかかるもので、前述の(1)に比べると理屈だけでは対応できない分でもあります。

(3)特別感のあるデザイン

商品のデザインにも「みんながもっているものとは違う」をアピールできるような特別感、希少感のあるものにすることが有効です。そして同時に(1)や(2)が実現していることも大切な要素です。

有名ブランドや著名人とのコラボ商品などは、オリジナルデザインを作りやすくなっています。


ヴェブレン効果と合わせて知っておきたい心理効果


ヴェブレン効果とよく比較される効果、また合わせて知ってきたい心理効果や法則を紹介します。

 

ヴェブレン効果とバンドワゴン効果

バンドワゴン効果は、「みんながもっているものを自分も欲しくなる」という心理から生まれる効果で、購入者が多いほど需要高まる現象です。流行商品やヒット商品が生まれる仕組みがこれにあたります。

ヴェブレン効果とは逆のようにみえますが、実は人に見せびらかしたいモノとは、自分が属しているコミュニティの中でみんなに知られてることが前提にあることから、バンドワゴン効果が生まれるような商品には、その先に、ヴェブレン効果が関連してくる可能性があります。

 

ヴェブレン効果とスノッブ効果

スノッブ効果は「みんなとは違うものが欲しい」という心理から、購入者が増えるほど需要が減少する効果です。「バンドワゴン効果」の反対の心理が作用しています。

スノッブ効果は希少価値による購買意欲を促進するマーケティング戦略で活用されるもので、その点ではヴェブレン効果とよく似ています。しかし、スノッブ効果には必ずしも「見せびらかしたい」という顕示欲があるとは限らないところがヴェブレン効果と異なります。