スノッブ効果


「人と同じものはイヤ」または「人と違うものを持ちたい」という気持ちになることがあるでしょう。そんな心理現状から生まれる購買意欲と需要が変化する現象がスノップ効果です。

スノップ効果の考え方とマーケティングへの活用事例をまとめます。


スノッブ効果とは


スノッブ効果とは、多くの人が持っているものに対して需要が減少する現象です。そこから、人とは違う希少なものを求める人による需要増の現象のことも指します。

人には、街中で同じ服を着ている人と遭遇した時に恥ずかしくなってしまう気持ちや、「限定」といった売り文句の商品に魅力を感じる気持ちがあり、その心理によってモノの需要が変化するスノップ効果を生み出します。

 

提唱したのは、米理論経済学者のバーヴェイ・ライベンシュタインです。1950年に論文の中で、バンドワゴン効果、スノッブ効果、ヴェブレン効果という三つの概念を提示しました。

 


スノッブ効果のマーケティング活用


限定感を打ち出す

スノッブ効果の背景にあるのは、他者との差異化願望です。

スノッブ効果をマーケティングに活用し、購買数アップを狙うために重要なのは、購買者の「他とかぶりたくない」「人は違う特別感が欲しい」という心理を意識し、限定性や希少性を打ち出した展開が効果的です。

 

【展開例】

・数量限定

・ここでしか買えない

・今の時期しか入手できない

・〇〇した人しか買えない

・シリアルナンバーつき など

 

品切れ商法は注意

スノッブ効果を活用するにあたって、「あえて需要に合った供給をしない」という手法をとることがあります。

はじめから、需要予測を下回る量を販売し、早期の売り切れを起こし品薄感を演出する方法です。しかし、現代では「品切れ商法」などとも言われ、この現象に嫌悪感を抱く消費者も多くなっています。

現代はモノが溢れている時代なので、本当の意味での「品薄、欠乏感」というのは感じられにくいのが現実で、それ以上にブランドイメージの悪化がマイナスとなってしまうことがあります。

スノッブ効果を活用するためには、販売個数や販売時期を制限する方法が有効ですが、ターゲットや社会環境を鑑みて、適切に運用することが大切です。

 




スノップ効果と他の心理効果の組み合わせ


スノップ効果は、わかり易い人の心理から生まれるもので、同時に逆の心理や類似する心理などもあり、実際のマーケティングには他の心理効果や法則が合わせて活用されています。

ここでは、スノップ効果と合わせて知っておくべき心理効果を幾つかご紹介します。

 

スノッブ効果とバンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは、大勢の人が選択しているものと同じものを、自分もつい選択してしまうという心理効果です。スノップ効果と逆の現象です。

「皆が買っているからきっとイイものなはず」「人が持っているから自分も欲しい」「流行に乗り遅れたくない」という消費心理が作用し、人気商品が生まれていきます。

 

スノッブ効果とヴェブレン効果

ヴェブレン効果は、いわゆる「見せびらかし消費(顕示的消費)」のことです。高額ブランドを購入する心理としてよく説明されます。

スノッブ効果とよく似た性質を持っていますが、ヴェブレン効果は、商品の価格が高いがゆえに、それを手に入れること自体に特別な欲求が生まれるという効果のことで、

スノッブ効果が希少性・限定性に魅力を感じる効果であるのに対して、ヴェブレン効果は、価格や価値そのものに魅力を感じる効果であるという違いがあります。

 

複数の心理効果を組み合わせた例

「前回はすぐに完売した(バンドワゴン効果)、高級商品(ヴェブレン効果)」を「期間・数量限定(スノッブ効果)」で再販売する。

 


販促に役立つ心理学
キャッチコピー 心理学ワード