マルマン100周年 「書く」「描く」ことから始まる、無限の発想をこれからも、いつまでも。

マルマンの歴史

マルマンは1920年に「子供たちが思いきり夢を描けるように」というコンセプトを掲げて東京で創業。当初は学習用のスケッチブックの販売をしていました。1960年には合理性と機能性、デザイン性豊かな「スパイラルノート」を販売し、国内でセンセーションを巻き起こします。その後ノート業界に本格的に進出を図り、プラスチックのバインダーやルーズリーフの発売をスタート。1974年には未来の量産化と多様化に対応するため、製造部門の会社を設立し、会社の規模を広げていきました。

 

1冊のスケッチブック作りからスタートした事業は、デザイン性や機能性の高いノートやルーズリーフ、スケッチブックなど1000を超えるラインナップとなり、日本の「書く」と「描く」を支え続けています。

 

マルマン創業100周年記念 特設サイト

  

マルマンの100周年事業

①限定グッズキャンペーン

100周年を記念して限定キャンペーンを実施しています。

 

■第一弾:買って当たる! ルーズリーフキャンペーン

2020年3月2日(月)~4月30日(木)

最大3000円分のQuo Card Payが当たるマストバイキャンペーン。

 

■第二弾:クロッキーも生誕50周年!リツイートキャンペーン

2020年8月28日(金)~2020年9月6日(日)

マルマン公式アカウントをフォロー&対象ツイートをRTでクロッキー柄の100周年記念商品11セットが当たる。

 

■第三弾:アンケートに答えて当てよう!限定グッズキャンペーン

2020年5月2日~2021年2月28日

「100周年記念サイト」からアンケートフォームに必要事項を入力して送信。週に1回の応募可能となっているので、期間中は継続しても楽しめます。

景品

・巨大図案スケッチブック+マルマン商品詰め合わせ

・オリジナルTシャツ 奇数月は図案Tシャツ、偶数月はクロッキーTシャツ

・オリジナル缶バッジセット

 

 

②100周年限定商品

全15種類の100周年記念限定商品販売。

手のひらサイズのバインダーやお馴染みのデザインのミニチュアスケッチ&ノートブック、ハードカバーのスケッチブックといった文具から、多機種に対応しているスマートフォンケースやランチバッグとしても使えるトートバックなど、数多くの商品を販売しています。

 

 


関連記事