■おしらせ

現在、データの販売を、「DLmarket」から「STORES」へ移行いたしました。

現在移行中のため、本サイトでは、リンクが更新されていない場合もあり、ご迷惑をおかけしております。

データの購入に関しましては、企画の種 DATA SHOP をご利用いただければ幸いです。

 

          2019年5月


ブログ by note

企画の種

【アンケート結果公開】販促担当者が効果を感じる 秋(9-11月)の販促テーマ
メーカーおよび小売業企業の中で自社の販促業務を担当したことのある25-59歳までの男女を対象に、食品・飲料類の販促テーマ案について、効果が期待できると感じるものを答えていただくネットアンケートを行いました。 続きをみる
>> 続きを読む

デカフェ市場が拡大中。のびしろに期待。
第4次コーヒーブームのキーワードとも言われていた「デカフェ」は、今やコーヒー以外の飲料へも波及。 海外ではすでに標準カテゴリーとなっている「デカフェ(カフェインレス)」。 日本でも、2013年頃から、顕著な需要の高まりを見せています。 日本では健康志向から、カロリーのなどの「ゼロ・オフ商品」市場が拡大しているので、その流れに沿って、カフェインのゼロ・オフにも関心が高まってきたと言われています。 ※デカフェとは=decaffeinatedの略。コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶など、本来カフェインが含まれているものからカフェインを除去すること。 続きをみる
>> 続きを読む

睡眠負債を防げ。睡眠ビジネス市場がいよいよ本格始動!
日本人は睡眠不足。量より質が問われる時代に。 睡眠不足が積み重なると、カラダに不調が現れるだけでなく、気持ちの乱れ、仕事の質の低下などによって、生活の満足度が損なわれてしまいます。これが社会全体の経済損失へ繋がるという考え方のもと、近年の日本で「睡眠」のテーマは社会的に注目されています。 「睡眠負債」というワードは、2017年の新語・流行語大賞トップテン入りしました。 続きをみる
>> 続きを読む

【アンケート結果公開】販促担当者が効果を感じる 夏(6-8月)の販促テーマ
自社の販促業務を担当したことのある25-59歳までの男女を対象としてネットアンケートを行いました。 小売業やメーカーが行う販促テーマの案について、効果が期待できると感じるものを3つまで挙げていただいています。 ※このアンケートは、過去、冬、春と続けてきていますが、対象年齢は、各回で少し変更しています。今後は25-59歳で定着させようかと思っています。 また、アンケートは新規のスクリーニングにて実施しておりますので、「回答者及び回答者数」は毎回異なります。 続きをみる
>> 続きを読む

【事例まとめ】2019年に周年を迎えた企業・ブランド。どんな記念事業を行っている?(2019.10更新)
2019年には、以下のような商品や企業・ブランドが周年を迎えました。 ※5年きざみでピックアップ。 ■10周年  ・進撃の巨人  ・NAVER ■15周年  ・GREE  ・mixi ■20周年  ・リサとガスパール(フランスでの刊行)  ・ケロロ軍曹 ■35周年  ・TM NETWORK(ティーエムネットワーク)  ・ユニクロ ■40周年  ・機動戦士ガンダム  ・キン肉マン  ・Stardust Revue(スターダストレビュー) ■45周年  ・永谷園あさげ  ・ハローキティ ■50周年  ・明治アポロ  ・男はつらいよ ■55周年  ・東京プリンスホテル  ・よみうりランド ■60周年  ・テレビ朝日  ・ベビースターラーメン ■70周年  ・ファーストリテイリング ■85周年  ・サロンパス ■95周年  ・ブルボン ■100周年  ・森永ミルクココア 続きをみる
>> 続きを読む