ヴィーガンレシピの需要が拡がる~ヴィーガンレシピサイト「ブイクック」が堅調にアクセスを伸ばしています~

株式会社ブイクックが運営する日本初のヴィーガン料理に特化したレシピ投稿サイト「ブイクック」は、2019年のリリース後、20206月には月間15PV超えるアクセスを獲得したと発表しました。


ブイクックは、世界中のユーザーから投稿される1,200品以上のヴィーガンレシピが掲載されることに加えて、レシピ保存や検索機能、フォローやコメントなどのコミュニケーション機能も実装されています。

「ベジタリアン」や「ヴィーガン」はもちろん、植物性の料理・食品に関心のある「フレキシタリアン」、健康を意識するユーザーなど幅広い志向のユーザーが利用しているようです。

 

20205月登録ユーザー(1390人)の志向属性(ユーザー属性資料より)

・ヴィーガン  41.4

・ベジタリアン 17.1

・フレキシキタリアン 22.3

・その他   19.0

 

公式インスタグラムも2.5万人のフォロワーを獲得し、25-44才の女性が中心となっていることがわかります。

 

 

また、株式会社ブイクックは20204月に法人設立し、「ブイクック」を運営の他、「食品メーカーへのマーケティング支援」や「飲食・宿泊事業者へのヴィーガンオプション導入支援」なども手掛けています。

 
ウェブサイトhttps://vcook.jp
インスタグラム https://www.instagram.com/veganrecipe_vcook/

 

 

2020年8月には、スーパーで手に入る食材で作れるヴィーガン料理のレシピが100種類掲載されたレシピ本「世界一簡単なヴィーガンレシピ」を発売。

2020年4月にクラウドファンディングで支援を集め、クラウドファンディングでの事前販売冊数は1,105冊、また、Amazonでの事前予約冊数は600冊と販売前から大きな注目を集めました。


企画の種のおすすめ記事