コンセプト・キャッチコピー


一般的に広告・マーケティング業界でコピーというと、広告物に使われるキャッチフレーズ(キャッチコピー)や説明文章のことを指していることが多いと思います。

 

そのようなクリエイティブとしてのコピーのほかに、企画立案する中で必要となる「コンセプト=考え方・テーマ」を端的な言葉で表現したものをコンセプトコピーと呼びます。

 

企画の種では、この「コンセプト」の部分を多くご提供しています。


コンセプトコピーとキャッチコピーの違い

「コンセプト」は直訳すると「概念」や「観念」。
企画立案の場面で使われる用語としてのコンセプトとは、全体を貫く基本的な考え方、わかりやすい言葉だと「テーマ」になるでしょうか。このコンセプトは企画の様々な施策の基となるものです。

「考え方」のことなので、目に見える形にはなっておらず、出来上がたった広告物に文字として登場するものではありません。
※販促企画のコンセプト(テーマ)についてはこちらをご参照ください。

 

このコンセプトを、言葉や文章でより完結に表現するのがコンセプトコピー。

企画書を作成する、プレゼンする際に、相手に「コンセプト」をわかりやすく伝えるために表現されたコピーがコンセプトコピーです。
このコンセプトコピーには、企画に必要な「誰に」「何を」「どのように」という要素が含まれている(直接書いてなくともそれが伝わるような言葉になっている)のが理想です。

 

つまり、コンセプトコピーは「企画書内で使う言葉」です。

企画の種でご提供しているコピーの多くは、このコンセプトコピーです。企画書や会議で使って考え方や方向性を検討するために使える情報です。


キャッチコピーとは、宣伝やPRのために際に用いる「謳い文句・煽り文句」のこと。
対象者の心を引きつけるような言葉を取り入れて、注目や関心、好奇心を喚起するためのもの。キャッチコピーには、対象者が商品やサービスによって得られる利点など「ターゲットにとっての需要ポイント」を取り入れることが有効です。
※ちなみ、キャッチコピーは和製英語です。英語ではadvertising slogan。


まとめると、

コンセプトコピー(意味を正しく伝える言葉)

商品や施策を創る

キャッチコピー(注目や関心を得るために演出をした言葉)

という流れになります。

 

ただ場合によっては、コンセプトコピーとキャッチコピーが似たものであったり、同様の機能を持つこともあります。企画の前段階か、表にアウトプットするものか、目的や意味をしっかりと持っていれば、あとは演出によってその機能を果たせるでしょう。

 

企画の種で提供しているコピー系の資料は、ご利用になる方々の必要に応じて、リライトできますので、みなさんのアイデアでご活用ください。

 

 


以下の企画は、コンセプトコピーです。

ただ、販売促進のコンセプトは特徴や利点を説明しているため、そのまま売り場のツールコピーとして活用される場合もあります。

販促企画として売り場づくりのテーマを検討する際の、参考資料として使えます。

 

 販促コピー案の中で、売り場の担当者にウケるのはどれか?
販促担当者が効果を感じる販促テーマ シーズン別アンケート結果(食・飲料)

(3月~5月)

(6月~8月)

(9月~11月)

(12月~2月)




この商品は、キャッチコピーとして使えるものです。

 

美肌川柳 ~プロモーションに活用できる川柳 17案~