コンセプト・キャッチコピー


コンセプトコピーとキャッチコピーの違い

広告やマーケティング企画立案する中でよく使われるのが「コンセプト=考え方・テーマ」を端的な言葉で表現した「コンセプトコピー」と、そのコンセプトをターゲットへむけて訴求する「キャッチコピー」です。

 

この2つの違いは、ざっくりいうと、

企画書の中だけで使うのがコンセプトコピー、

実際の制作物に使われるのがキャッチコピー、

と考えれば良いと思います。

 

別の表現をすると

発信者(販売者や主催者)が伝えたいものを表現するのがコンセプトチコピー、

受信者(消費者や参加者)にとっての魅力を煽るのがキャッチコピー、

とも説明できます。

 

さら言い方を変えれば

プランナーのためにあるのがコンセプトコピー、

ターゲット(消費者)のためにあるのがキャッチコピー、

とも言えます。

 


コンセプトコピーは「企画書内で使う言葉」

マーケティング企画で使われる用語としてのコンセプトとは、全体を貫く基本的な考え方のことです。わかりやすい言葉だと「テーマ」でしょう。このコンセプトは企画の様々な施策の基となるものです。


テーマとは、考え方や方向性のことなので、出来上がった広告物に文字として登場するものではありません。具体的には、「どんな雰囲気のデザインにしようか」「どんな施策を実施しようか」など具体的な展開を考えていく方向を定めるものです。

 

【例】

たとえば、

ある新商品の売り場づくりのコンセプトを「日本の春」にすれば、デザインは、ピンク系の色味だったり、桜が出てきたりするでしょう。

また、ワインのキャンペーンのコンセプトを「世界旅行」にすれば、パスポートや世界地図をデザインモチーフにしたり、ワインと合う世界の料理のレシピを紹介するという施策を企画できるでしょう。

コンセプトコピーの書き方に決まりはない。

企画書を作成する、プレゼンする際に、相手に「コンセプト」をわかりやすく伝えるための言葉がコンセプトコピーです。
このコンセプトコピーには、企画に必要な「誰に」「何を」「どのように」という要素が含まれている(直接書いてなくともそれが伝わるような言葉になっている)のが理想です。

 

企画書作成において、コンセプトコピーをわかりやすく、またプレゼンしやすくしするために、コンプセプトコピーやキャッチコピーのようになる場合もあります。(キャッチコピーそのもので、企画をプレゼンすることもあるでしょう。)

もちろん、それでも問題ありません。

この企画で、「何を伝えたいのか」がわかるようにすることが重要です。

また、コンセプトに挙げたものが、実際の企画内容に反映させているのかどうかで、企画のまとまりや訴求力に差がでます。

 

つまり、コンセプトやコンセプトコピーは、企画者・プランナーのためのものです。

 

【例】

たとえば

健康ドリンクの販促施策で、

コンセプトが「新社会人を応援する」である場合。

コンセプトコピーとキャッチコピーを兼ねるような表現「頑張れ!新社会人。」にすれば、制作物に使うこともできますし、企画書に使ってもOKです。

プレゼン相手にも、消費者にも、意味は伝わるでしょう。

 

 

 

※そんな販促企画のコンセプト(テーマ)案の例はこちら。

企画の種でご提供しているコピーの多くは、このコンセプトコピーです。企画書や会議で使って考え方や方向性を検討するために使える情報です。

 

 

キャッチコピーは、「謳い文句・煽り文句」

キャッチコピーは、いわゆるターゲット(消費者や参加者など)の心を引きつけるような言葉を取り入れて、注目や関心、好奇心を喚起するための言葉です。

※ちなみにキャッチコピーという言葉は和製英語です。英語ではadvertising slogan。

 

キャッチコピーの作成手法としては、商品やサービスによって、ターゲットが得られる利点など「ターゲットにとっての需要ポイント(=相手の求めるもの)」を取り入れたり、「利用者の心の声を代弁する」ことが有効です。

 


まとめると、

コンセプト(アイデアのもと)

コンセプトコピー(意味を正しく伝える言葉)

キャッチコピー(注目や関心を得るために演出をした言葉)

という流れになります。

 

 

 

企画の種で提供しているコピー系の資料は、ご利用になる方々の必要に応じて、リライトできますので、みなさんのアイデアでご活用ください。

 

 


以下の企画は、コンセプトコピーです。

ただ、販売促進のコンセプトは特徴や利点を説明しているため、そのまま売り場のツールコピーとして活用される場合もあります。

販促企画として売り場づくりのテーマを検討する際の、参考資料として使えます。

 販促コピー案の中で、売り場の担当者にウケるのはどれか?
販促担当者が効果を感じる販促テーマ シーズン別アンケート結果(食・飲料)

(3月~5月)

(6月~8月)

(9月~11月)

(12月~2月)




この商品は、キャッチコピーとして使えるものです。

 

美肌川柳 ~プロモーションに活用できる川柳 17案~